読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リョロバ覚書

龍虎1でロバートとも劇的な再会を果たし、龍虎2でKOFに参加して、ロバートとの対戦を楽しみにしてるリョウ。ロバートとの対戦を楽しみにしてるリョウ。(重要なので二回言う)
この公式設定からして、リョウはロバートに恋してて、ちょっとしたことで上がったり下がったりして、人を好きになれる自分が嬉しくて、世界がキラキラして見えてんじゃない?

 

 

龍虎2リョウED…
ボコスコ殴り合って、500円は冗談やんってロバートのネタばらしののち…
「ロバート!!好きだ!!俺と寝てくれ!!」
「えぇーっ!!いきなりなんや!!」
「俺を受け入れちゃくれないか!!物理的にも!!」
「物理的!!」
「手始めに、まずはキスからお願いします!!」
「ちょちょっと待った!!」
「展開がはよーてついていかれん」
「大丈夫、ロバートは黙って目を瞑ってるだけでいいんだぜ」
「なんや、手馴れとるなオマエ…とりあえず、いきなりキスて、情緒もへったくれもあらへんっ!!精々ハグからやろっ!!」
「まったく処女くせえ事言いやがって(好きだ!!)」
「ヤカマシイ!!誰が処女じゃ!!…え…ええか、ハグだけやぞ!?」
「分かってる!!いくぜ!!(真正面からギュー)」
「…!!!ッ!!!なに勃起させとんのや!!」
「まだちょっとしかハグしてねえぞ!!せめて20秒はくれ!!」
「腰はつけたらあかん」
「面倒くせえなあ!!」
「ぶつくさ言うな、はよせえ!!」
「よーしいくぞ!!」
ハッケヨイ!!
ガツーンと鍛え上げられた肉体がぶつかる。
電光石火!!リョウがロバートのマワシ(ベルト)を掴む!!
ロバートも負けじとリョウのマワシ(帯)をとろうと腕を伸ばすが、その隙に一気にリョウが寄って寄って寄り倒し!!
「オオーッス!!俺は子供の頃から相撲で負けた事はねえんだぜ!!!!」
「くそおお!!!悔しい!!!めっちゃ悔しい!!!」

リョウとロバートのどす恋物語は今始まったばかり