タクロバ 覚書

青い目は薄暗いとこでもよく見えるっての、自分はよく見えてないからロバートも見えてないだろうって油断したタクマが愛しさと性欲全開の眼差しでロバートを見ながら情交に及んでるのをバッチリ見られてて、

ロバートがその獣のまなざしにびっくりあてられて

「あっ…せんせえ…っ!!んあーっ!!!」

ってしがみついてタクマの背中に爪を立て